2004年度 和歌山ノンフライト展示会レポート 

翔バナイカイに翔(と)びます!翔(と)びます!

第26回 翔バナイカイ作品展 2004年9月11日(土)〜12(日)
会場 サロン・モンテメール(JR芦屋ビル)

テーマ「アメリカ陸・空軍機」

            
フライング・シープドッグ         う〜ん、カッチョいい!!

            
会場風景。 

 9月12日(日)、松原、丹羽、竹中、根田、尾崎(敬称略)そしてワイ野村のノンフラ6勇士(かしら?)は翔バナイカイさんの展示会を訪問すべく神戸に向かった。朝の休日の湾岸線はガラガラで実に快適なペースで三ノ宮ICにおりファミレスにてブリーフィング。何故か話しが竹中、丹羽氏による中国(共和国、台湾含む)トンデモ交通事情で大盛り上がり。まるでマンガかB級映画のようなホントの話に一同ア然。エライ時代になったもんです・・。
閑話休題。実力、知名度ナンバーワンのクラブがオーソドックス(だと思う)なテーマに挑むとどうなるか?!
ま、こちらをごゆるりと見てくだせえ・・。(クリックすると大画面よん!!)

          

      

    

    

    

    

  

  

  

↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑↑

お父さん(?)も大喜び!!ピンナップガールスの皆さんです。

註〕 当レポートの作品写真の選定は私、ノム・ラッチェバムのあくまで独断と偏見、そしてカメラワークの巧拙(つまり撮りそこない、撮り忘れぎょうさんありまんねん・・)によるものでトバナイカイ作品展の雰囲気をあますことなく伝える完璧なレポートとは程遠いものとあえて断言します。要は何が言いたいかというと・・・

「模型もビールも(?)ナマが一番!!今年行けなかった人も常連さんも来年是非とも翔バナイカイ展示会に行くべし!!そしてナマの迫力に圧倒されるべし!!以上!!」

(写真・文責 ノム・ラッチェバム)