型紙コピーの拡大率

組立説明書の最後に塗装指示として、機体の絵が描かれていますよね。
その中に「この図は○パーセント縮小しています」と書かれていたりします。
迷彩塗装にはこれを原寸に拡大コピーして切り取り使用することによって、
型紙になり大変便利です。
今回はその拡大率についてご紹介します。

1.良く陥る計算ミス

例えば
「この図は80パーセント縮小図です」
とあれば、残り20パーセントをコピー機で拡大すれば良いんじゃない?
とお思いではございませんか?それは大間違いです。

例えば原寸10cmの物があったとして、80パーセント縮小ですから、
縮尺8cmで書かれていたとしますね。
8cmに20パーセント拡大すると。計算式は
8×1.2=9.6cm
となります。これは8cmを100パーセント原寸として計算しているからなのです。

2.正しい計算式

正解は100パーセント割る縮小パーセントがコピー機での拡大率なのです。
上記1の例で行くと
100/0.8=125パーセント
検算してみましょう。
8cm×1.25=10cm
もうおわかりですね。
縮小率の違いでたまに小数点以下が出る時がありますが、
その時は臨機応変に切り捨てましょう

この計算を利用すれば型紙コピーし放題!(^0^)

3.問題

上記の計算を元にして以下の例題の拡大率を計算してみましょう。
正解は一番下にあります。

Q1.この図は80パーセント縮小です。

Q2.この図は75パーセント縮小です。
Q3.この図は90パーセント縮小です。
Q4.この図は50パーセント縮小です。

−戻る−















A1.125パーセント拡大
A2.133パーセント拡大
A3.111パーセント拡大
A4.200パーセント拡大