WAKAYAMA Nonflight CarnivalMission

人に歴史あり。模型に歴史あり。

〜模型魂(模魂)を受け継ぎし漢達〜

それは、7月例会後の2次会での松原会長のお話。
ノンフライトの名誉会員でノンフライトの初代会長、
加古眞造さんが「模型の在庫を放出する」
と話があった。
理由は深く述べないが、加古さんの在庫を皆に譲ってくれるとのこと。
で、その話に目の色が変わった、その場に居合わせた会員達。

祭りの予感・・・・
わ〜い!わ〜い!\(^0^)/
祭りじゃ!祭りじゃ〜!!

キャー q(≧∇≦*)(*≧∇≦)p キャー

そして、待ちに待った約束の日。8月4日(日)10:00 天候 快晴(暑い)

加古さん宅に集まったハイエ・・(いやもとい)魂を受け継ぎし漢(おとこ)

写真中央の方が模型をお譲り下さった加古さん

 
加古さんは自身の鉄工所を経営してらっしゃって、
模型キットは工場の一角に山積みされていました。
クレーン使って、模型を運んだの初めて・・・(^^;)
 
とりあえず、全部表へ出して並べてみる。凄いのなんの・・・
話によると、過去35年の蓄積とのこと。。。。
ざっと見ただけでも1000は行ってそう・・・


もうそこは、宝の山・山・山・・・
今は亡きメーカーの物から、絶版キット、珍しいキット。存在すら知らないキットばかり。
過去35年の蓄積。想像できると思います。歴史があります。
メーカー名をざっと並べると
タミヤ、ハセガワ、フジミ(旧ロゴ有り)、
モノグラム、レベル、マテルモノグラム、タカラレベル、タカラ
オータキ、LS、Frog、ESCI、イタレリ、マルサン、日東、永大
トミー、バンダイ(旧ロゴ有り)、AIRFIX(袋入り多し)、
マッチボックス、Heller、ドラゴン・・・

加古さんが製作途中に断念した、キットもありましたが、未開封完品がほとんど。
会長や田上さん、竹中さん、中村さん達はその価値を知っているようで、
きらりと光るそのアイテムに一喜一憂していました。
そして、岸、根田さん、大村さん、野村さん、尾崎さん、田尻さん達も揃って、一喜一憂していました。
そして、どこから誰からともなく聞こえてくるあの言葉。。。
ぜ〜!!!
ぜ〜!!!
ぜ〜!!!

もう大合唱さぁ。。。。ヽ( ´ー`)ノ

各人思い思いの品を確保していきました。

在庫に埋もれたレアキットを取り合う、ヲヲムラ会員と根田会員。
でもカメラ目線なのはなぜ?(笑)


物色、物色・・・
皆さん子供に戻ってます・・・

松原会長より貴重なキットであることのレクチャーを受けるヲヲムラ会員

子供をよそ目に燃え燃えな尾崎会員。
「早く帰りた〜い」と言っていたお子さんの言葉を聞き逃しませんでした・・・
ごめんねぇ〜(^^;)


トランク閉まらない・・・・

この日のために大きな車を借りてきたそうな

果たして無事、自宅のお部屋へ持ち込めるだろうか?

わっしょい!わっしょい!です

入りきれなかったキット達は加古さんの仕事用トラックに乗せて、一旦、
根田さん宅へ預けられました。

お腹いっぱいの根田会員と田尻会員

その車の中はこんなの・・・・

全て食べ残しのないよう、ノンフライトクラブが責任を持って譲り受けいたしました。

最後になりましたがこんなに沢山の在庫を快くお譲り下さった加古様。
本当にどうも
ありがとうございました!!
心より感謝いたしますm(_ _)m

このお礼はキットの完成でお返しさせていただきます。
ヲヲムラさ〜ん、ボケールのロールスロイス、楽しみにしてま〜す

和歌山ノン・フライトクラブ会員一同

後日談
とにかく、手当たり次第、車に押し込めたので、どんなキットかよく確認していませんでした。
お家へ持って帰って調べた所、更なる事実が発覚。以下ヲヲムラ会員談

あのレアアイテム満載のなかに更なるお宝ありました!
なんと、マルサンが初めてプラモを世に出す際に
金型一式譲り受けた中の一つと言われる、
和光のフェアレデーがあったんです。
最初マルサンかなと思っていたら説明書出てきて和光と判明。
もともと謎が多い言われるこのキット、現存しているかどうか
さえわからないぐらいだったことを考えると正に驚異的。
しかも!説明書で判明したのが、どの本見ても「和光」と
書かれているけど、本当は「和工」だったということ!
日本のプラモ史変わるよ、マジで。